教員が向いていない人

教員に向いていない人の特徴は3つあります。

1つは、論理的すぎる性格を持つ人、2つ目は子供と接する時に同じ目線に立てない人、3つ目は努力家でない人です。

論理的過ぎる性格

1つ目の論理的過ぎる性格が教員に向いていない理由は、子供と接する時にはどうしても論理では説明できない部分、つまり情緒的・感性的な部分が非常に重要になってくるからです。

子供のすることを、全て論理的に正しいかそうでないかで考えてしまうと、こどもの情緒の発達を妨げます。もちろん、社会的なルールや決まり事などで、論理的な思考が必要なことも多くあります。しかし、あまりに論理的になりすぎると、倫理観や人間的な価値観が育ちません。

自然を感じる気持ちや、人の気持ちを察することのできる能力は、そのような論理的でない感性的な部分から芽生えるのです。そのため、論理的過ぎる性格は教員に向いていないのです。

子供と同じ目線に立てない人

2つ目の、子供と同じ目線に立てないということは、大人の価値観を子供に押し付けすぎない、ということです。例えば子供が絵を描いているときに、大人の目線から見て意味が分からないものであっても、子供にはとても重大なことなのです。

それを、子供と同じ目線に立って世界を見て、一緒になって理解しようとする姿勢が教員にとってはとても大切であるわけです。小説『星の王子さま』にも書かれてある通り、大人の価値観や考え方を、あたかもそれが正しいかのように子供に押し付けてしまうという姿勢は、子供の豊かな情緒、気持ちの健全な発達を妨げてしまいます。

これは、子供がこれから一人の人間として成長していくためには不可欠な部分です。そのため、子供と同じ目線に立つことができず、常に大人の価値観を押し付けてしまう姿勢を持つ人は、教員には向いていません。

努力家でない人

3つ目は努力家でない人です。教員になるためには、子供に教える国語、算数、社会、理科、英語などの教科がすべてどこかでつながっているということを知っていなければなりません。

どれだけ英語ができる教員でも、国語や算数、社会や理科など他の教科の大切さを知らなければ、英語を教えたことにはならないのです。つまり、英語を勉強するうえで大切なことが、他の教科で補っているのです。

この事実を実感するためには、幅広い教養と深い見識が必要となり、それを身につけるためには日々のたゆまぬ努力が大切です。そのため、自分が知っていることに満足せず、常に未知のことについて探求する気持ち、謙虚さのない人は教員にはむいていません。
以上の3つが、教員に向いていない人の特徴です。どれかに当てはまった人は、このサイトを参考にしてみてください。良いヒントになると思います。

秋のルームウェア選び

このごろ寒くなってきたのでルームウェアを新調しました。

今年の春ごろまで着ていたルームウェアがあったのですが、毛玉がすごくて捨てて
秋冬用のルームウェアが手元になかったので新しく購入しました。

ルームウェア選びはいつも迷ってしまいます。
無地がいいのか、柄物がいいのか?
ワンピースかツーピースか?でしばらく迷っていました。

ワンピースタイプはツーピースタイプよりも安価であることが多く
ツーピースタイプはトップスとパンツに分かれていてお腹が冷えないのは確実ですが値段がワンピースタイプより高いです。

ワンピースタイプはカジュアルな雰囲気のものであれば上着をはおるだけで出かけられたりします。(ゴミ捨てくらいなら)
素材も重要で私は肩こりになりやすいので軽い素材であることは譲れない条件です。
ここ何年かツーピースタイプだったので少し食傷気味なのもあってひさびさにフリース素材のワンピースタイプにしました。

足首まで丈があるので足が冷えず、フリースで軽いので夜は快適に眠れそうです。

真夏のサンダル

今年の夏は例年とはまるで違う異常なものでしたね。
午前10時台で気温30度以上、夜になっても気温が下がらない熱帯夜の日が続きました。
そんなある朝、洗濯モノを干そうとベランダに置いてあるサンダルを履こうとしたら、足が途中までしか入りません。ゴムっぽい素材のサンダルだったのですが、あまりの暑さで縮んでいたのです。
夏の間は朝早くに洗濯モノを干して午前中に取り込み、その後ずっと冷房を付けていました。
そのサンダルは5年以上使っていて丈夫でしたが、今年の夏の直射日光と室外機が排出する熱風には勝てなかったようです。
あの朝サンダルを履こうと見た時に少し違和感を覚えましたが、履くまで縮んでいることに気付きませんでした。溶けたような跡は一切なかったのです。
見た目もキレイでした。
まるでドラえもんのスモールライトで、ちょびっとだけ縮めたようにサイズダウンしただけ。
因みにそのサンダルはMサイズで、私の足は22.5センチです。
現時点ではこれが今年一番驚いたことですね。

和歌山には魅力がいっぱい

2年ほど前に息子がパンダを見に行きたいと言い出したので和歌山旅行を計画しました。
息子の目的はアドベンチャーワールドです。
私も初めて行ったのですが想像以上に大きなテーマパークでとっても楽しかったです。
息子はまさかのパンダより餌やりが出来るゾウやキリンに大興奮でした。確かにパンダは遠くから笹を食べているのを見てるだけですからね。私としてはとても可愛くてずっと見ていられるという感じでしたが。
アドベンチャーワールドは食べてただ動物を間近で見るだけではなく餌やりができたり、触れ合いの時間があったりと動物を肌で感じられるところがいいと思いました。
泊まったのはとれとれヴィレッジという変わったドーム型の宿泊施設で以前から泊まって見たいと思っておました。コテージ型になっているので子供が騒いだりしても周りに迷惑がかからないのがよかったです。また夜になるとライトアップされて神秘的な感じがしてキレイでした。
翌日はとれとれ市場や白浜に行きました。真っ白な砂浜がとても綺麗で子供たちもサラサラの砂で遊んだり海に入ってはしゃいでいました。
市場も新鮮な海の幸や和歌山の名物が色々とありお土産がたくさん買えます。またその場で海の幸が調理してもらえて食べられるお店もあったのでそちらも利用しました。
和歌山は高速も出来てとても便利になりましたし家族でも楽しめる場所なのでまた行きたいです。

初めての四国 松山城&道後温泉

昨年の9月、全日空のコインおよびTポイントがたまっていたので、「いつかは行こう!」と思っていた四国は松山城、道後温泉に行ってきました。道後温泉は、夏目漱石の小説『坊ちゃん』の舞台ということもあり、「いつかは」と思っていたので、思い切って行ってみました。
午前中は松山城へ。ロープウェーも合ったのですが、ふもとから本丸までの坂道をゆっくりと歩いて見学しました。結構きつかったです。登ること30分くらいかな?やっと本丸に到着。そこにある茶屋で「坊ちゃん御膳」と「伊予柑ソフト」を食べました。伊予柑ソフトはご当地らしいソフトクリームでよかったですよ。
いざ、松山城本丸へ!ということで、入城。結構韓国人観光客が多かったです。天守閣に登るとそこからは海まで見渡せる大パノラマ。景色がとても良かったです。
徒歩で城に行き来して汗をかいたので、午後はお目当ての道後温泉に。ホテル前にある路面電車の停車場から乗り込みます。そして、道後温泉の駅に着くとちょうど仕掛け時計を見ている人で駅前があふれかえっていました。当然私も動画を撮りましたけど(笑)。
商店街のアーケードを抜けるとそこにはよくTVで目にする「道後温泉本館」がありました。すぐにでも入れると思っていた私は、温泉に入る人の列を見てびっくり。週末およびシルバーウィークが重なってなのか、とても混雑しておりました。人の多さにどうしようかとちょっと悩みましたが、「ここまで来て温泉は入らないなんて」と思い直し、いざ入湯。さまざまなコースがありましたが、私は入浴だけのコースを選びました。実はその他のコースは人気で順番待ち状態でした(汗)。
温泉の中も大盛況で、温泉に浸かったという既成事実を作っただけのような感もありましたが、とりあえず私の長年考えていた道後温泉体験はクリアできました。
最後に、松山城はやはりロープウェーで登るのではなく、ふもとから坂道を歩いて行くことをお勧めします。いろんな風景が見られていいですよ。それから道後温泉はウィークデーに行く方がいいかもしれませんね。

朝早くの行動

ゴールデンウィーク、広島県の宮島を訪問しました。今まで一度も行ったことがなくて一度は行ってみたいと思っていたのですが、行く機会を逃していました。子供が小学生となって大きくなり興味を持ってくれたので行くことに決めました。宮島の情報を調べていると、やはり長期の休みの時期は混雑するということで朝に宮島に着くよう、夜中に家を出発しました。車で4時間弱、6時半ごろ宮島口フェリー乗り場に到着しました。すでに一番近い駐車場は満車でしたが、無事近くに駐車することができフェリーに乗りました。7時ごろ宮島へ着き、目的の厳島神社に辿り着きました。日本三景の厳島神社は幻想的で神秘的な雰囲気でした。大鳥居は完全な干潮時間ではなかったので通り抜けることはできませんでしたが、暑かったので子供は足をつけて遊んでいました。
その後、宮島水族館へ行きました。ペンギンと触れ合うコーナーもあり、子供たちも大喜びでした。昼食時は宮島名物のにぎり天やあなご丼を食べて帰りました。午後1時半ごろ宮島をあとにしたのですが、逆に宮島へ向かう方が大勢いてとても混雑していました。朝早く行動したことで渋滞も避けられて、混雑にも合わず快適な旅が出来ました。

和歌山県へ行きました

2011年5月に和歌山県へ行きました。白良浜、三段壁、アドベンチャーワールドなどに行きました。テレビで見てきれいな白い浜を見て子供を連れて行ってあげたいと思ったからです。車で行きました。途中のサービスエリアで何度も休みながらゆっくり行けたので良かったです。あまり調べずに出かけてしまったので無事につけるか心配でしたが案内の看板も、標識もしっかりとありましたのであまり迷わずに行くことができました。白良浜はとても良かったです、砂が白くてさらさらで裸足になって歩きました。子供もとても楽しそうに歩いていました。その後三段壁へ行きました。こちらはあまり期待していなかったので、思ったよりスケールが大きいのに驚きました。観光している方もたくさんいました。私たちは子供が小さかったのであまり遠くまではいけませんでしたが、デートできている方はかなり奥のほうまで行って海を見ていました。その日はホテルに泊まって翌日はアドベンチャーワールドに行きました。こちらは水族館と動物園が一緒になっていてとても広かったです。パンダがとてもたくさんいて驚きました。広いからか私たちが行った時はあまり混んでいなくてゆっくり見て回ることができました。海が近いのでお魚がとてもおいしかったです。

気温と水温がなごむ季節は自然の温かさ

3月最初の土曜日はよく晴れて穏やかな一日、金曜日の季節風が通過して気温も暖かいです。朝の洗顔とか着替えをしていても随分暖かくなったなと感じるこの頃、水温もこの時期らしい温むという感覚がしています。1月、2月ならばお水の温度そのままではクールなので、お湯が出た状態で洗うという具合、山間部が周囲にあるので冬は気温も水温も低いです。季節が進んでいる目安は一つが暖房ヒーター、朝でもフルには使用せずやっと省エネの季節、お風呂から上がると温まっているのでそのまま就寝です。寒い季節に温かいのは自然の体温がいちばんいい、和むというかすごしていても持続するし、ヒーターはオフにするとちょっとの時間でさめるから10分もしない内に温風。人工的な温度と自然な温度の差は身体の芯から温まっているかどうかですね、お風呂はじっくり入るから就寝時間までぽかぽかで長持ちします。午後は室温そのままでパソコン、省エネにも効果のある数枚の重ね着も春向きの薄手と枚数、一年の内でこの季節が尤もなリラックスのシーズンですね。

修行だと思うことにした。

昨日の昼間は本当につかれました。生まれて3ヶ月の娘がずーっとぐずぐず泣いているのです。体調は悪くなさそうだし、お腹がすいているわけでも、おむつが汚れているわけでもなく、ただ眠くて泣いているのです。目をつむって眠ればいいじゃん。と思いつつも赤ちゃんにとっては眠るのも難しいんでしょうね。
ぐずぐず開始は朝の9時からでした。それまではご機嫌に声を出して足をばたばたさせてニコニコしていたのですが、急にスイッチがはいったようで、そこからダッコじゃないと大泣きするようになりました。ダッコにつかれて座ろうとすると、また泣く。ダッコして歩かないと泣く。この時間をじつに3時間も続けました。
「何で泣いてるんだろう」と考え出すと自分が精神的に苦しくなるので、「これは修行だ」と思うことにしました。強い母になるための修行です。こう考えればダッコも苦じゃない・・・!と思い込むことにしました。結局眠ることなく3時間後にはまたごきげんな声を出していました。つ、疲れたぁ~!
ちなみに今日はずーっとご機嫌です。あっさり眠ります。この後、また修行の時間がきませんように。

食材サンプルの使い道

旦那が会社から食材サンプルをいただいてきました。旦那は外食関係に勤めているのですが、サンプルをよくもって帰ってきては使い心地や感想を聞いてきます。今日ももらってきました。冷やし中華のスープに、プリンのもと、サルサソースに、ドレッシング。これだけ聞くと奥様的には嬉しいでしょうが、どれも業務サイズでビッグです。
もうストックがいっぱいで、まだからあげ粉や外国の塩など少ししか使わずに残っています。小分けしにくいものばかりなのでありがたいやら、どうしようもないやらで贅沢な悩みです。
ところで、あまり使わない調味料「サルサソース」一体どんな料理に使えばいいのでしょうか。以前タコライスを作るときに購入して使ったのですが、ほかに使い道がわかりません。お肉と炒めるだけでいいと旦那は言っていたのでとりあえずそれを作ってみます。せっかくの食材、がんばって使いきれるようにレシピ検索してみようと思います。自分では買わない食材を貰うので料理の幅が広がったように思えます。