河童の足跡

民主会館の無料でやっている未就学児の英語教室に通っています。娘はやたらとおしゃべりし始めるのが早かったからでしょうか、幼児番組を見ていたら勝手に始まってしまう英語の番組が大嫌いでした。「英語は分からん!」と怒り出すのです。そこで英語教室に顔を出してみたのです。歌ったり踊ったり、なぜかお絵かきや工作をしたりと、英語を楽しむことが目的の教室なので娘にピッタリだったようで喜んで通ってくれています。
先生が外国の本を訳しながら読んでくれていたときのことです。これは何の動物の足跡かな?と言う質問に、娘が「カッパ!」と答えていました。外国の本に河童が出て来ないだろうと思ったらそれはアヒルの足跡はでした。よく知りませんが確かに河童の足跡はこんな感じかもしれません。まだ日本独自のものと言う考え方が無いんです。なかなか斬新な発想で先生も他のママさん達も笑っていました。折角なので日本のものと外国のもの、そういう文化の違いなんかも学んでもらえたら嬉しいですね。