テキサスに来て1年

夫の仕事の関係で、テキサスに来てからもう1年が経ちました。
あっという間の1年でした!

去年の今頃は生活の立ち上げに悲観的になってしまったり、日本の家族に電話して泣いてしまったりと苦労していたけど、今年はここの暮らしを楽しめるまでに余裕が出てきました!

テキサスの州花、ブルーボネットの満開の春を迎え、先日行ってきたのはエッグハントのイベント巡り。
ヘリコプターが飛行し、空から卵が落ちてくるのです。
ヘリから次々と落ちて来る卵に、大人もわくわく!
2歳の娘も必死になって卵を拾っていました。

他には、お友達と楽器を使って音楽を奏でたり、布リース作りをお友達から教えて貰ったり。

あとはアンティークショップ巡りに、プレイデート。
子供同士遊ばせながら、大人もお茶しながらお喋り^ – ^
楽しいことをたくさん共有してくれるお友達に感謝感謝です!

英語も生活に困らない程度には話せるようになったし、娘も英単語を話すようになって、益々充実しそうです^ ^

本屋巡りの趣味

久しぶり本屋巡りをしました。
本は嫌いじゃないですが、中々足が向かなかったのです。本は好きだけど外に出るのがめんどくさいんです。そこを頑張って外に出ました。
本って高いなと思っちゃいます。もう少し安ければもう少し買うのですが。何となく、古本では買いたくないので、高い本を買ってしまいます。あまり小説は読もうと思いませんが、エッセイ等は好きです。でも、今興味ある本があります。「君の膵臓を食べたい」です。たまたまTSUTAYAで漫画で見つけたのですが続きが読みたいのです。漫画だとまだ発売まで時間かかりそうだし、自分のタイプ的に「読みたい」と思ったら直ぐ買わないと諦めてしまうタイプです。なので早速探しに行こうかなと思っています。
本屋巡りを趣味と言える位行動に出来ればいいなと思います。本の好きな所は色んな世界が広がっている所です。私の知らない世界が広がっていてワクワクします。今は仕事関係の本が中心に読みますが、余裕が出来たら別の本も読みたいです。

部屋に花を飾って思ったこと

私は花が大好きです。
バラやヒマワリのような大きくて思わず目がとめるような花から、シロツメクサやワスレナグサのような野に咲く小さな花まで。
どんな花にもそれぞれ良いところがあります。

そんな花々を部屋に飾ることを私は習慣にしています。
何輪が購入してきてアレンジメントして飾ってもよいし、一輪だけを飾るのもサマになるのでその時の気分で選ぶのが好きです。
最近では、散歩の途中に目に留まった花を1~2本だけ摘んできて飾るようにもなりました。
野に咲く花は決して目立つものではありません。
しかし、見ているとなんだけホッとします。

そして摘んできた野の花と花屋さんで売られている花を組み合わせて飾るのも面白いです。
飾った花々を見ていると、大きな花があるから小さな花が素敵にみえるし、その逆もまた然りだと感じられます。

「これは人にも同じことがいえるのではないかなぁ。」
様々な人がいて、華やかな人もいればホッと人に安心感を与えてくれるような人もいる。
どちらが良いとか悪いとかじゃなくて、一人ずつがお互いを尊重できるような世の中になれば素敵だなぁ、と花を見ながら思いました。