ストリートビューで白バイに捕まっていた!?

スマホは良く暇さえあればいじるのですが、初期からインストールされているアプリって、使わないアプリは最後まで使うこと本当にないです。そして、ついこの使わないアプリを少しでもいじってみようと、「ストリートビュー」を開いてみました。最初は自分の自宅周辺を検索していきましたが、だんだんと距離を伸ばして、行けそうで行けない東京やその他周辺を検索してみました。そして、行ったつもりの気分に浸っていると、歩いている人たちも見かけ、さすがにモザイクが入っていて、少し面白かったです。そして、一番驚いたのが、ある乗用車らしきものが白バイに捕まっていることでした!運転手と白バイの警察が何やら話している所にモザイクが入っていました。こんなこともあるんだ~!ってある意味貴重な映像でした。でも、私が本人だったら、早く削除してほしいものです。本人はモザイクがかかっているけど、これを見つけたらずっとトラウマになるのではないかと勝手ながら心配です。

「ゆらぎ」が良いらしい

最近は朝が起きづらい日々が続いているのが悩みで、少しずつですが、睡眠の質も改善されてきたように思います。ですが、まだやはり日中の疲れ方は異常な気がします。確かに季節の変わり目は、体調が崩れやすいというと、私の場合は、ストレスがたまりやすいし、自律神経やホルモンのバランスが崩れていると自覚しています。会社でもストレスチェックをした事がありましたが、個人情報を掲載したまま苦手な上司へ提出するから意味がないんですよね。そして私みたいなお疲れな人に、「ゆらぎ」という周波数の音楽が自律神経の副交感神経を強くする効果があるそうです。特にクラシックで言うと、モーツアルトの作った音楽が「ゆらぎ」になるのだそうです。私はクラシックがあまり詳しくないけど、他にはMisiaや宇多田ヒカルやドリカムの歌とかには「ゆらぎ」効果があると言われています。これだったら毎日夜寝る前に聞いてみたいと思います。ストレスは本当にイヤですね。

母に贈ろうと思い直したSKⅡの基礎化粧品

最近、お得にSKⅡの基礎化粧品を購入することが出来ましたので、自分で使おうかと思っていたのですが、やはり母にプレゼントをしようと思い直しました。
SKⅡはすごく使ってみたかったのですが、いつも頑張っている母に贈った方がいいのではと、思うようになりました。
私が不器用に行っている家事なども、コツなどを教えてくれるなどして支えてくれたり、たまに喧嘩もしますが、喧嘩からも母から学べたりしています。
もともとSKⅡを使っている女性は、日々を強くたくましく生きているという、女性のイメージを勝手に抱いていましたので、毎日家事や愛犬の世話などをしている母に、ぴったりだと思うようになりました。
でも、肝心な問題があります。それは、母が受け取ってくれるかどうかわからないということです。母は、自分で納得したものしかもらってくれませんので、今からどうやって渡そうか、かなりシミュレーションをを重ねています。
でも、やはり結局は本音を伝えた方が伝わるのではと思いますので、きちんと毎日支えてくれてありがとうと、伝えたいと思っております。

トマト用ドレッシング

トマトが嫌いで食べられない私は、トマトが大好きな夫にいつもただ切っただけのトマトばかり食べさせるのが気の毒に思えてきました。そこで何かトマト料理を作ってあげたいと考えた末に、本をみてトマト専用のドレッシングを作ってみました。
ちりめんじゃこを使ったそのドレッシングは夫に大絶賛され「お母ちゃんにもこのドレッシング食べさせてあげたいわあ」と言わしめたので、近所に住むお姑様にも作って持っていきました。お姑様にも気に入ってもらえて、以来、毎年夏になるとこのドレッシングをお姑様にあげているんです。それが今年はお姑様から「あのドレッシングのレシピ教えて」と電話がありました。てっきり今夏は持っていくのが遅くて催促されたのかと思ったのですが、本当に思う存分このドレッシングでトマトを食べたいからレシピを知りたいと言うのです。教えてあげたらたいそう喜んでいました。数日後、お姑様から電話があり、レシピ通り作ったのに私にもらうドレッシングの方が美味しいと言われました。今度こそ催促ですよね。早速作って持っていきました。こんなに気に入ってもらえて嬉しい限りです。でもトマト嫌いの私は、トマトにこのドレッシングをかけた味を実は知らないんですよね。

河童の足跡

民主会館の無料でやっている未就学児の英語教室に通っています。娘はやたらとおしゃべりし始めるのが早かったからでしょうか、幼児番組を見ていたら勝手に始まってしまう英語の番組が大嫌いでした。「英語は分からん!」と怒り出すのです。そこで英語教室に顔を出してみたのです。歌ったり踊ったり、なぜかお絵かきや工作をしたりと、英語を楽しむことが目的の教室なので娘にピッタリだったようで喜んで通ってくれています。
先生が外国の本を訳しながら読んでくれていたときのことです。これは何の動物の足跡かな?と言う質問に、娘が「カッパ!」と答えていました。外国の本に河童が出て来ないだろうと思ったらそれはアヒルの足跡はでした。よく知りませんが確かに河童の足跡はこんな感じかもしれません。まだ日本独自のものと言う考え方が無いんです。なかなか斬新な発想で先生も他のママさん達も笑っていました。折角なので日本のものと外国のもの、そういう文化の違いなんかも学んでもらえたら嬉しいですね。

たまーに食べるとおいしいサブメニュー

ヘルシーなファストフードとして人気を集めている店舗といえば、サブウェイですね。私の住むエリアにもサブウェイは存在し、たまーに無性に食べたくなるときがやって来ます笑。シャキシャキしたみずみずしさがおいしいレタスなどの新鮮野菜も入ったサブのサンドを見ると、これぞサブウェイという感じがしますね。
お肉などたんぱく質もシッカリ摂れる上、スープなどサイドメニューも充実しているサブウェイなので満足度も高いメニューです。何といっても自分の好みにオーダーして、サンドの中身をカスタマイズできるところがサブウェイのうれしいポイントですね。お野菜の量やトッピング類、ドレッシングやソースの組み合わせも自由自在なので、お店の人に作ってもらいながら自分のオリジナルサンドを作っていく感覚です。
独特のおいしさがあるサンドのパン生地、そしてそんなサンドパンと相性のいいサブのおいしいビーフファンでもある私なので、今度近場サブウェイに夫と出向いてヘルシーランチでも食べに行こうかなと思っているところです。