気温と水温がなごむ季節は自然の温かさ

3月最初の土曜日はよく晴れて穏やかな一日、金曜日の季節風が通過して気温も暖かいです。朝の洗顔とか着替えをしていても随分暖かくなったなと感じるこの頃、水温もこの時期らしい温むという感覚がしています。1月、2月ならばお水の温度そのままではクールなので、お湯が出た状態で洗うという具合、山間部が周囲にあるので冬は気温も水温も低いです。季節が進んでいる目安は一つが暖房ヒーター、朝でもフルには使用せずやっと省エネの季節、お風呂から上がると温まっているのでそのまま就寝です。寒い季節に温かいのは自然の体温がいちばんいい、和むというかすごしていても持続するし、ヒーターはオフにするとちょっとの時間でさめるから10分もしない内に温風。人工的な温度と自然な温度の差は身体の芯から温まっているかどうかですね、お風呂はじっくり入るから就寝時間までぽかぽかで長持ちします。午後は室温そのままでパソコン、省エネにも効果のある数枚の重ね着も春向きの薄手と枚数、一年の内でこの季節が尤もなリラックスのシーズンですね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です